斜体を太字に

【レトルトが劇的変化】中華の巨匠が家に来たかと思った件

どーも、へんしーもです

とんでもないタイトルですね。

勝手に家に巨匠が

上がり込んでたらビックリしますね。

ということで・・

先日マジでそのくらい

衝撃的な商品に出会ったので

ご紹介します( ̄^ ̄)ゞ

しびれと辛さががっつり効いた麻辣香油

早速商品出してしまうんですが

桃屋からこんな商品が発売されました

f:id:hensi-mo:20190910165253j:plain

何ともパンチのある

ネーミングとパッケージ。

桃屋といえば・・

誰もが一度は見たことある

こちらが代表作ですが

f:id:hensi-mo:20190910172032p:plain

発売当初に一世を風靡した

辛そうで辛くない少し辛いラー油

なんていうのもあります。

辛いのか辛くないのかで

話題になりましたね、懐かしい(笑)

f:id:hensi-mo:20190910172241p:plain

瓶詰めの先駆者 桃屋の新商品はレア

で、お伝えしたいことは2つ

1つ目は前述の共通項から

瓶詰め商品を得意としている

メーカーだということ。

2つ目は

そんな桃屋が満を持して出した

瓶詰めの新商品。

この世に溢れ返る新商品だけれど

実は桃屋は

本当に納得するまで新商品を出さないということ。

※過去に見たカンブリア宮殿でやってた

記事にしてくれていた人がいたので参考に↓

keieikanrikaikei.com

少ない商品数でロングセラー連発

=新商品も良い物な可能性高い

という方程式が成り立つので

桃屋の新商品は期待大(°▽°)

なぜ新商品は麻辣香油か

で、次に着目したいのは

なぜ麻辣香油なのか。

理由はおそらく

しびれる辛さがブームだから。

2018年あたりからスパイスの辛さが

トレンドになり2019年も継続していますが

特に今年は辛さの中でも

「しびれる四川風の辛さ」へと

フェーズが移行しています。

トレンド感のある商品ではなく

中長期的に売れる商品作りをしている

桃屋だけに意外でした。

食べて感じる桃屋の底力

「かけるだけで本格的な味」が売りなので

王道の食べ方

麻婆豆腐にかけて実食

f:id:hensi-mo:20190910165324j:plain

これが衝撃的だった

まずお伝えしておきたいのが

作った麻婆豆腐は

豆腐を買ってきて

フライパンで混ぜ合わせるだけの

一般的なレトルト麻婆豆腐だということ。

もちろんこのままだといつもの味。

でも桃屋の新商品をかけると・・

舌が痺れるビリビリとした辛さ!

まぁここまでは想定通り。

驚いたのは辛いだけでなく

旨味も強くなるということ。

あのいつもの味が

急に高級中華になるんですよ、これマジで

何がそうさせているのか。

裏面を見てみた。

f:id:hensi-mo:20190910165310j:plain

答えは多分・・

フライドガーリック

フライドオニオン、ごま

辛いけど美味い!!!

まとめ

きっとこれは一時的な

トレンド感のある売り上げでなく

ロングセラーを狙った桃屋らしい商品

手抜き中華がこれひと回しで

本格中華になるので1本常備はマスト( ;∀;)

ちなみに私はカップ麺に

ひと回しで楽しんでおります(笑)