斜体を太字に

【意外】シーチキンの違いと選び方を解説!

f:id:hensi-mo:20190616200850j:plain

へんしーもです!

スーパーの缶詰売り場で

皆さん一度は感じたこと、ありますよね?

ツナ缶いっぱいあるけど、結局何が違うの?

僕はいつも思ってました。

で、結局のところ安くて量の多いやつ選んじゃうんですよね

そこで、今回はへんしーも調べによる違いと選び方を

お伝えしたいと思います〜〜〜〜〜〜

原材料による違い

いくつか違いがありますが、まず原材料が違います

え、その辺のマグロが適当に混ぜられて使われてるんじゃないの?

そう思っていたので僕は驚きました。

商品ごとに3種類使い分けているようです。

きはだマグロ

黄色味をおびている魚体から名前のついたマグロで

身が柔らかく、お刺身として食される機会の多いのが特徴です

日本一売れている「はごろもシーチキンLフレーク」にも使われています!

びんながマグロ

マグロ類の中で最も魚体が小さく、大きくても30kgにしかならないが

淡白な白い身は、ツナ缶に最も向いており

マグロ缶詰を作る際は最高級の原料となります!!

カツオ

意外ですよね〜〜〜

マグロ使ってないんですよ、カツオですよ。

実はマグロよりも安く作ることが出来る為シェアが広がっており

世界のツナ缶はカツオが主流なんです!!

形状による違い

そして形状が違います

入っている中身・・缶を開けると分かりますね!!

f:id:hensi-mo:20190616195538j:plain

ブロックタイプ

ほぐさずに大きい形のまま入っています!

需要が少ないのかあまり売っていません・・

残念ながら上の写真にはありません(笑)

かたまりタイプ(チャンクタイプ)

大きめにほぐされた商品で、先ほどの写真だと左上が該当しますね

メーカー的には、「お好み焼き、カレー」

おすすめの使用法だそうです

ごろごろ感があって美味しそうですね!

フレークタイプ

フレーク状にほぐされた商品で最もよく見るタイプですね

先ほどの写真だと左上以外全てが該当します!!

ツナマヨおにぎり、手巻き寿司、サラダなど

汎用性NO.1です!皆さんがよく買うのもこのタイプじゃないでしょうか?

調理法

最後に缶詰に入れて商品化する際

実は様々な加工を施している為

その調理法にも違いがあります!!

油漬け

最も代表的なタイプで

綿実油・大豆油を主として野菜エキスを使用しています!

噛む度に旨味が溢れる美味しいやつですね!

油入り水煮

大豆油と野菜エキスを使用し水煮で仕上げたものを指します

油漬けと比べると味が少し薄まります

あ、素材の味が生きると言った方がいいか・・(笑)

素材そのまま

油を使用せず、まぐろ節エキスとまぐろエキス

または、かつお節エキスとかつおエキスに塩を加えて仕上げたものです

さっぱりした味わい、水煮に近い味になります

食塩・オイル無添加

食塩・油は一切加えず、天然水のみを使用したものです

昨今の健康意識の高まりはこんなところにも・・

塩も油も入っていないので素材そのままの味わい

結局は何かの味付けをしないと使いにくいです

買ってきて食べ比べてみた

というわけで買ってきて食べ比べてみました!

より、違いを考察するべくメーカーは

はごろもに統一!!

f:id:hensi-mo:20190616195522j:plain

左上から順に先ほどまでの違いを

買ってきた商品ごとにまとめると・・

商品名(略) 原材料 形状 製造
ファンシー びんなが ブロック 綿実油
素材マイルド カツオ フレーク カツオ油&エキス
Lフレ キハダ フレーク 大豆油
マイルド カツオ フレーク 大豆油
Lフレ オイル不使用 キハダ フレーク 野菜、昆布エキス

感想

ファンシー

大きい為食感はしっかりめ、大豆油ほど油の旨味は無い

素材マイルド

食感ややしっかりめ

カツオエキスがメインの味付けなのか素材の味を主に感じる

Lフレ

食感ややしっかりめ、あっさりしつつも油との相性が良い

マイルド

食感やわらかめ、噛むと染み込んだ油の旨味がギュッと溢れる

Lフレ オイル不使用

食感ややしっかりめ、野菜エキスの味が強く旨味は弱い

まとめ

個人的には、、、

そのまま食べた場合はマイルドが一番美味い

けれど、原材料についてはあまり味の違いが無いため

油を気にするかしないか、価格

この2点でどれを購入するか決定していいと思います!!

皆さんのお買い物に役立てば嬉しい限りです!

それではまたの機会に!

へんしもへんしもー