斜体を太字に

飲料は自販機でなくスーパーで買うべき本当の理由

へんしーもです!

さあ今週も1週間が終わりましたーー

週末は自宅でブログを頑張る所存です!!

さてさて今日のテーマは

「飲み物は自販機でなくスーパーで買うべき本当の理由」です!

皆さん普段ペットボトルの飲み物はどこで買うのが多いでしょうか?

通勤、通学のついでにコンビニでしょうか?

それともパッと目についた自販機でしょうか?

便利な日本では少し歩くだけで商品が買えるようになっていますね。

だがしかぁし!!

お得に買うなら「スーパー」な理由をご存知ですか?

実は・・

自販機用と店頭販売用で商品が違う!

はい、衝撃ですよね。

でも本当です。見てみてください。

f:id:hensi-mo:20190531205429j:plain

右→店頭販売用

左→自動販売機専用

同時に買う事ってあんまり無いので

実は気づかなかったりしますよね。

まあでも中身は全くもって同一商品ですのでご安心ください。

(某飲料メーカーで働く友人に教えてもらいました)

じゃあ何が違いなのか?

ペットボトルの強度が違う

これなんですよ、強度が違う。

自販機は購入する際、必然的に上から「ガコンッ」と

割と強めに落下してきますよね。

ですから底面を中心に補強されているそうです。

ということは・・

強度が強い→弱い物と比較すると製造コストが高くなる

という論理が容易に推測されますね。

内容量も自販機用より多い

はい、次はこれですね。

伊右衛門だけでなく他の商品でも検証しましょう

まずはグリーンダカラ

f:id:hensi-mo:20190531205511j:plain

メーカーを変えてカルピスウォーター

f:id:hensi-mo:20190531205451j:plain

商品名 自販機用 店頭販売用
伊右衛門 435ml 525ml
GREEN DA・KA・RA 500ml 600ml
カルピスウォーター 430ml 500ml

内容量が違うことは明白ですね

圧倒的な売価の違い

自販機で買った場合→150円

コンビニで買った場合→150円

スーパーで買った場合→110円

まあおおよそこのくらいの価格で販売されていることが多いですよね

結論

これだけの決定的な理由があるので

スーパーで買うという選択がベストと言えますね!

※ちなみに容器に違いについては

サントリーさんの公式ホームページでも記載されています。

www.suntory.co.jp

皆さんも機会があれば違いを見てみてください!

へんしもへんしもー