斜体を太字に

【食べて検証】パスタは太さで本当に味が変わるのか?

へんしーもです!

 

今回お届けするテーマですが・・

結論から言うと、変わります!すごく変わる!

 

 

さてさて、皆さんは家で普段どんなパスタを食べていますか?

近くのスーパーで売っている安くていっぱい入ったやつ?

時短になる早く茹であがるやつ?

それともこだわりのお取り寄せかもしれませんね。

 

スーパーの売場だけでも様々な種類のあるパスタですが

実はそれぞれ特徴があり、マッチしやすいソースがあると言われていますので

違いを知って売場を見ればより楽しくお買い物が出来ると思います!

 

・太さによる名称の違い

 

実はストレートパスタと言われる一般的なパスタだけでも

太さによって決められた名前が次の通りあります。

 

ヴェルミチェッリ (2.1mm〜2.2mm)

スパゲッティーニ (1.6mm〜1.7mm)

フェデリーニ   (1.4mm〜1.5mm)

カッペリーニ   (1.3mm以下)

 

商品名と思って見ていたパッケージが実は

太さで決められた種類だったなんてことはありませんか?

・・私はありました(笑)

 

カッペリーニ日清フーズのディチェコシリーズに書かれている

商品名だと完全に思っていましたーー!!

・・お恥ずかしい。

 

今回はこの中で太い順に、ヴェルミチェッリ

スパゲッティーニ、フェデリーニを使用してみたいと思います!

選んだ商品はこちら!

f:id:hensi-mo:20190524002611j:plain

2.2mmはヴェルミチェッリでは無く太麺スパゲィティと表記していますが

これはおそらくヴェルミチェッリの名前に対する馴染みが薄いからでしょうね。

 

さあでは作っていきましょう!

まず茹でてみた結果はこちら!

f:id:hensi-mo:20190524002614j:plain

手前が2.2mm、右奥が1.6mm、左奥が1.4mmとなっていますが

2mmの差である1.4mmと1.6mmは言われないとあまり分からないかもしれませんね

何もかけずに食べてみた感想は「細いほどボソボソしてる」でした。

 

ソースでの変化を調べる為に、今回は奮発して

最高に美味しそうだった日清フーズ

青の洞窟シリーズGRAZIAボロネーゼをかけて味わってみたいと思います。

(青の洞窟高いけど美味いよね)

f:id:hensi-mo:20190524002617j:plain

ひき肉を敢えて細かくしすぎずお肉の食感を残していること

赤ワインと香草野菜を使ったソースによる味の深み

これらがマッチして美味しくないわけがない!そりゃ高いわけだ(笑)

 

ソースをかけて食べてみましたが本当に太さによって味が変わりました。

 

ヴェルミチェッリ→噛みごたえがあり、強い小麦の風味が残る

フェデリーニ→ちぎれやすくソースの味に負けてしまう

スパゲッティーニ→ただただ上記2品の中間(笑)

 

味の濃いソースの場合は太い麺の方が

ソースと合わさった時に小麦の風味が滲み出て

相乗効果を生み出し、より美味しくなるということが分かりました!

 

一方で調べてみると細い麺は、冷製パスタやオイルパスタ等に

使用することで絡みやすく相乗効果を生み出すようですので

やはりソースによって麺を変えるということは大事なようですね!

 

次回お買い物することがあれば是非参考ください!

 

ちなみにどのメーカーも1.6mmを中心に商品展開していますが

これは1.6mmがどのソースにも合いやすい

「万能選手」だからと言われています。

悩んだ時やまとめ買いする時はとりあえず1.6mmを買っておきましょう!

 

 

今回書ききれなかった形状の違うパスタでは、フェットチーネ

ブカティーニリングイネ等が有名ですが

今回は太さに軸を置いた検証ですので

またの機会に書いてみますね!

 

へんしも!へんしもーー!